食べた物が体を作っている!おすすめのダイエット法3選

MENU

食生活を本気で見直してみた結果

食べた物,体,作る

「こんなにダイエットを頑張っているのになぜ痩せないの?」

 

こんな風に思われてた方はきっと私だけではないでしょう。

 

ただ闇雲にダイエットをするより、まず食事の基礎を簡単にでも知っていた方が効率的にダイエットできると思います。

 

私たちの体は普段何気なく食べている食物によって出来ています。

 

当然体に良くない食べ物を食べれば、体のパフォーマンスはどんどん低下していきます。

 

例えば、トランス脂肪酸。

 

こんなものを食べていたら、痩せるはずないですし、体はどんどん不調になっていきます。
(トランス脂肪酸についてはまた別の記事でじっくり書こうと思います。)

 

さて、今回は私が色々なダイエット法を実践した中で特にダイエット効果が高かった方法を3つほど書きたいと思います。

 

糖質を控える

食べた物,体,作る

最近は色んなメディアで糖質をオフにしましょう!とか、中には糖質を完全に断つという方法も見たことがあります。

 

糖質は控えるべきなのでしょうか?

 

その答えをダイエット視点から答えると、糖質は控えた方が良いです。

 

糖質のほとんどは食後1時間以内に脂肪に変換されてしまいます。

 

すごく甘い物、例えばマックのシェイクなどを飲んだ後の自分の体の変化を注意深く観察してみてほしいです。

 

驚くほど脂肪が簡単についているのがわかると思います。

 

糖質を控えるとすぐに体は何か別のものをエネルギーにしようとします。

 

それが脂肪です。

 

糖質を制限すると簡単に体重が落ちていくのは、糖ではなく脂肪をエネルギーにして活動するので脂肪がガンガン燃えていきます。

 

常にお腹が冷えている人は、糖質制限によりお腹が温かくなっていることでしょう。

 

つまりそれはぽっこりお腹の脂肪が燃焼されているということです。

 

食事をゆっくり食べる

食べた物,体,作る

これもありきたりな方法なのですが、痩せる効果が絶大なので書かせてもらいました。

 

食事のスピードをゆっくりにするとこんなに良いことがあります。

 

  • よく噛むので満腹中枢が刺激され、食べ過ぎを防ぐ
  • 胃にかかる負担が軽減されるので、消化不良になりづらい
  • どの食材を食べているのか意識できるようになる

一日、二日では食事をゆっくり食べる効果がわからないので、ぜひ2週間くらいは継続してみてください。

 

その2週間で食事をゆっくり食べる効果を実感をできれば、そのあとも継続していけると思います。

 

老化で衰えた部分のケア

食べた物,体,作る

子供の頃や若い頃は代謝が良かったので、食事のことを気にしなくても痩せていることができましたが、加齢と共に色んな機能が衰えてきます。

 

定期的な運動で筋力維持

 

衰える箇所でわかりやすいのは筋肉です。

 

基礎代謝量は筋肉量に比例するので、大人になってから運動をしなくなった人は、筋肉がどんどん衰えてきているので基礎代謝も下がってきてしまっています。

 

ですので定期的な運動はダイエットにおいてはした方が良いことは間違いありません。

 

消化酵素の補給

加齢と共に低下する機能としまして、消化酵素があります。

 

消化酵素の働きが低下すると、食物を消化する力が弱まるので、結果的に脂肪になりやすくなりますし、筋肉量の低下にも繋がります。

 

ただ食べ物で補給できる消化酵素の量はごくごく微量なので、酵水素328選生サプリメントのようなもので補給するのがおすすめです。

 

すぐに体に変化が表れるので、あらためて食べたものが体を作っているんだなと感じました。

 

ダイエットに効く食事法3選まとめ

食べた物,体,作る

いかがでしたでしょうか?

 

  1. 糖質を控える
  2. 食事をゆっくり食べる
  3. 老化で衰えた部分のケア

どれも今すぐに始めることができるので、あなたのダイエットに手軽に取り入れてみてください。

 

運動だけがむしゃらに頑張ってもなかなか痩せてくれません。

 

むしろ運動するより食事の方が痩せる効果は高いのです。

 

この機会にあなたの食生活を見直してみませんか。

 

 

酵水素328選生サプリメントの口コミトップ